お知らせ

お知らせ

粒子線腫瘍学研究分野・鈴木 実 教授が8月17日、韓国のBNCTグループと ”Online seminar of Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) -Academic program by A-BNCT project of MOTIE- ” で、BNCTに関する講演を行いました。

韓国では、加速器BNCTによるプロジェクトが進行しており、講演後も活発な議論が行われ、今後も、すでに加速器BNCTの診療が開始している日本のBNCT研究者との連携を深めていくことを確認し、セミナーは終了となりました。
お知らせ

粒子線医学物理学分野の大学院生(M2)の 野尻 摩依 さんが、第17回日本中性子捕捉療法学会学術大会ベストプレゼンター賞を受賞しました。

受賞対象となった野尻摩依さんの研究発表のタイトルは、「ホウ素中性子捕捉療法におけるMonte Carlo法とsuperposition法を組み合わせた線量計算アルゴリズムの最適化」です。今回の学術大会は、コロナ感染拡大のため現地参加とオン...
お知らせ

大阪医科薬科大学・脳神経外科教室の川端 信司 先生の悪性神経膠腫に対する加速器BNCTの臨床研究に関する研究論文が、Neuro-Oncology advance誌にアクセプトされました。

論文タイトルは、”Accelerator-based BNCT for patients with recurrent glioblastoma: a multicenter phase II study.”で、本研究所のイノベーションリ...
お知らせ

粒子線生物学研究分野・真田 悠生 助教のBNCTに関する研究論文がInternational journal of radiation biology誌にアクセプトされました。

論文タイトルは、”HIF-1α affects sensitivity of murine squamous cell carcinoma to boron neutron capture therapy with BPA.”で、KURを...
お知らせ

台湾のTaipei Veterans General HospitalのYi-Wen Chen先生の台湾におけるBNCT臨床研究の論文がBiology誌にアクセプトされました。

論文タイトルは、”Salvage Boron Neutron Capture Therapy for Malignant Brain Tumor Patients in Compliance with Emergency and Comp...
お知らせ

粒子線腫瘍学研究分野・鈴木 実 教授の頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法の現状の報告が「医学のあゆみ」誌277巻第2号のTOPICSに掲載されました。

原稿タイトルは、「頭頸部腫瘍に対するホウ素中性子捕捉療法の現状」(医学のあゆみ Vol. 277 No2. 2021.4.10)となります。
お知らせ

大阪医科薬科大学・脳神経外科教室の高井 聡 先生の悪性髄膜腫に対するBNCTの臨床研究に関する研究論文が、Neuro-Oncology 誌にアクセプトされました。

論文タイトルは、”Reactor-based boron neutron capture therapy for 44 cases of recurrent and refractory high-grade meningiomas wi...
お知らせ

東京理科大学・上田 大貴さんの新規ホウ素薬剤開発の論文が、Jounral of Medicinal Chemistry誌にアクセプトされました。

論文タイトルは、”Design, Synthesis and Biological Evaluation of Boron-Containing Macrocyclic Polyamines and Their Zinc(Ⅱ) Compl...
お知らせ

茨城県立医療大学・大西 健 先生のBNCTに関する研究論文が、Radiation Research誌にアクセプトされました。

論文タイトルは、”Enhancement of Cancer Cell-Killing Effects of Boron Neutron Capture Therapy by Manipulating the Expression of ...
お知らせ

広島大学、山名啓太さんの新規ホウ素薬剤開発の論文がBiochemical and Biophysical Research Communications 誌にアクセプトされました。

論文タイトルは ”Tumor-targeting hyaluronic acid/fluorescent carborane complex for boron neutron capture therapy.” で、KURを使用して得ら...
タイトルとURLをコピーしました